デッド・オア・牛糞

オレ カキタイコト カク

貴方は神を信じますか

 

皆さん「神」信じてます?

 

いや別に皆さんを胡散臭い新興カルトに誘い込んで僕のウンチを御神体だと言って高値で売りつけてやろうってワケではないんですけど

 

「神」信じてます???

 

日本人って妙にニヒリズム信仰で自分の事を無神論者だと信じ込んでいる人が多いんですけど冷静に考えてください

 

「神」""絶ッッッッッッ対""に居るでしょ?????

 

僕が「神」を""絶ッッッッッッ対""に居ると断言する理由を話す前に皆さんと僕の考える「神」へのピントを合わせておく必要があるので説明をすると

 

人が考える「神」には二種類あると思うんですね

 

第一に

「地上ないし人類を創造なさった神話や聖書の世界での"神"」

僕はこの定義における「神」には少し懐疑的です、シッチンやデニケンが唱える古代宇宙飛行士説をこの「神」の定義に当てはめるのであれば面白いなとは思いますが

 

第二に

「この世の万物、つまりは宇宙を創造した偉大なる知性としての"神"」

要はインテリジェント・デザイン説における「神」です、僕が絶対に居る!と考えているのはこっちの方の「神」です

 

これ、""絶ッッッッッッ対""に居ませんか?????

 

僕はどんな物事も「なんで?」を突き詰めていくと最終的には必ず不可知な「神」の領域にブチ当たると思っていて、例えば「空は何故青いのか?」という疑問から「神」にブチ当たってみたいと思います

 

Q「空は何故青いの?」

学者「それは7色から成る光の波が大気中の粒子によって散乱されて青の波だけが人の目に届くからだよ」

 

Q「何で青の波だけが人の目に届くの?」

学者「青の波の波長は短いから粒子に頻繁に衝突して、他の色より多く散乱するからなんだ」

 

Q「何で青の波は波長が短いの?」

学者「人の脳が青の持つ波長を青いと感じるからだね」

 

Q「なんで人の脳は青の波長を青いと感じるの?」

神「ワシがそう決めたからである」

 

ね?神が出てきちゃったでしょ?

もう一つ例を出してみましょう

 

Q「アユミちゃんの事を思うと胸がドキドキするんだけど、これ何?」

ギャル「いやそれ恋ぢゃね?ミンナ恋したら胸苦しくなるっしょ、もしや童貞なん?マヂウケるw」

 

Q「何で人は恋をするの?」

ギャル「そりゃ恋愛して子孫残さなきゃ人類滅びるっしょ、オタクキモw外出ろしw」

 

Q「何で生物は子孫を残して存続し続けなければならないと思っているの?」

ギャル「は?知らんし」

神「ワシがそう作ったからである」

 

恋愛相談にも神が出てきてしまいました

バラエティ路線のアイドル並に出たがりです

これ科学が発展していけば神は消えるのではないかと思って「科学は地球が丸い事を証明したではないか」とか呟いてる人いると思うんですけど、そんな事ないんですよ

科学の発展はこの問答に於いてどうあがいても「神の登場を遅らせる」ことにしかならないんですよ

科学は答えられる範囲を広げますが、答えられない範囲は無限に広がっているんです

いくら科学が発展したところでその時点での科学の限界の後ろに「神」は控えています

そう考えていくと絶対にこの世界の根源的な部分に「神」は潜んでいるんですよ、この一連の"不可知領域"の最もポピュラーなモノ(つまりは現在の科学の限界)として『ビッグバン』があります、この広大で不可解すぎる宇宙の始まりという不可知に人類は『ビッグバン』という理論で太刀打ちしました

宇宙は『ビッグバン』によって興り、『インフレーション』によって膨張した、と

では『ビッグバン』以前の説明は?『ビッグバン』が発生する以前はそこに何が有ったの?

現在の科学での説明は「何も無かった」です、現在の最新鋭のテクノロジーを駆使してもスリラーバークでバーソロミュー・くまにボコボコにされたゾロみたいな事しか言えないのです

ではそうなると「何も無かったのにどうやってビッグバンが発生したんですか?」という当然の疑問が生じてきます

自然発生的に無から有、0が1になるなんてとても説明がつきません

0が1になる時は決まって何かしらの「意思」が介入した時のみです

 

つまりはこういう事です

 

A「何も無かったのにどうやってビッグバンが発生したんですか?」

ギャル「は?知らんし」